Annieの冒険記

スペイン語圏在住の海外ブロガー。アジア・ヨーロッパ・アメリカ圏など14か国に滞在。日本と海外生活、語学など、気になることを徒然なるままに。

【定番】外国人男性が喜ぶプレゼント トップ3

お題「どうしても言いたい!」

 

海外生活2年半。海外の訪問国も14か国となり、

海外のお客様や友人にお土産を贈ることも増えてきました。

 

日本からのお土産、何がいいだろうか?と考えている方のために

今回は、外国人男性が喜ぶお土産トップ3をご紹介したいと思います。

 

第1位 お寿司の食品サンプル

 

アメリカ、ヨーロッパを中心にはじまった日本食ブームは、

いまや中南米やアジアなど発展途上国でも広がりつつあります。

 

ただ、海外には日本のように食品サンプルというものが

数多くあるわけではないので、ここまでリアルにできたサンプルに

驚かれることが多いです!

にぎり寿司キーホルダー 甘えび

にぎり寿司キーホルダー 甘えび

 

 

そして、SUSHIは全世界、日本語のまま通じるので

SUSHIをプレゼントするよ!ってあげれば、

インパクト大!日本人のお土産にはぴったり!

なのです。覚えてもらえること間違いなしです。

 

 

第2位 和風柄のタオル

 

実用性と日本らしさを考えると、和柄のタオルもオススメです。

 

タオルの吸水性の高さは、日本製の誇れる品質でもあるので、

大切なお相手に、日常的に使ってもらえます。

使う度に思い出してくれるかな?!という下心もあります。笑

 

最近、手ぬぐいもはやっていますが吸水性がいまいちなので

海外ですと掛け軸のように飾りとして使う人も多いようです。 

 

ちなみに、よく日本人が使っている25㎝×25㎝の小さなハンカチは

あまり海外では見かけません。

そのことも考えると一般的によく使用されている

フェイスタオルのサイズは比較的使いやすいと思われます。

 

 

第3位 和柄Tシャツ

 

世界中、アニメの影響があり今の子どもから30代までは

日本のアニメを見て育ってきたという人も多いです。

 

 

やはり、人気なのは和柄北斎の絵柄に近いものですね。

かっこいいのが好きな人にはドラゴン、

日本らしいのが好きな人には富士山などがいいかもしれません。

特に北斎の絵柄は、ユニクロのUTで2018年夏に販売されていまして

外国人にも人気だったのかほぼ売り切れていました。

 

アメリカ圏・中南米圏でMサイズの人は、

日本やユニクロサイズだとLになるので

サイズはワンサイズ大きめを買うことをオススメします。

 

ご参考になれば幸いです。

 

【スペイン語 試験】DELE B2 合格者がオススメする試験対策本

スペイン語を勉強し始めて2年。DELE B2合格しました!

そこで、スペイン語(中上級)DELE B2の試験について

対策本をまとめたいと思います。

 

 

1.購入場所について

書籍の購入について、Amazonもしくは

セルバンデスの書店(東京・麴町駅近く)で購入することをお勧めいたします。

 

セルバンテスの書店は、実際スペイン語の本が日本一多く揃っており、

DELEの対策本の中身を手に取って

実際に見比べたいという方にはオススメです。

 

他にもスペイン語の小説や、ビジネス用スペイン語の本もそろっています。

もし出向くのが難しい場合は、セルバンデス書店オンラインページ

でも購入が可能です。

interspain.ocnk.net

 

青年海外協力隊や仕事でスペイン語圏に行かれるかたも、

現地にはあまり種類がないことがあるので、

日本で事前に買われることを強くお勧めします!!

 

 

2.オススメの対策本

合格した私がオススメするのは、

DELE試験対策で使用者が1番多い定番のedelsa。

Preparacion DELE: Libro + CD - B2 (2014 Edition)

 

※回答は別売りなのでこちらから↓

Preparacion DELE: Claves - B2 (New edition)

 

各単元ごとに、暗記必須の単語が掲載されており、

語彙を増やしつつ、試験対策もできる優れものです!

 

読解、リスニングともに単語が分かると、

ぐっと理解がはやくなって、得点につながります。

そこで、テキスト内に出てくる単語を調べながら、

語彙を増やしていくことをオススメします。

 

なお、B2レベルの学習者であればそれほど問題ないと思いますが

日本語の解説はなく、スペイン語のみのテキスト+解説に

なるので購入される際は、ご注意ください。

海外在住ブロガーが教える【海外旅行で必要な3つの安全対策】

2年半の海外生活の中で、日本人の安全対策を見てきて

ヒヤヒヤすることがあったので

今までの海外旅行経験を通して考えた

海外での安全管理3つのポイントについてまとめます。

 

1.現地人になじむ

海外にはプロのスリがいます。

スリを生業としていきているので、

観光客やちょっとしたスキを見極めるプロなんです。

 

とにかく観光客とわからせないことが一番大事。

目立つことは、狙われることにつながります。

現地の知り合いがいれば、なるべく現地の人と一緒に歩くことをお勧めします。

もしいなくても、見た目を変えることに気を使ったほうがいいです。

 

見た目で特に変えられるのは、観光客と見た目でわかるアイテムです。

大きな荷物(リュックやスーツケース)、カメラは要注意です。

とりあえず、隠しましょう。路上ではなるべく見せない。

もちながら長時間歩いたりするのは安全上、お勧めしません。

 

f:id:annie-jpn:20171013042818j:plain

私はとにかくビビリなので、

1人のときに立ち止まって

カメラパシャパシャなんでできません。

おかげで今のところ、1回も海外で事件にあったことはありません。

 

リュックサックも、ポケットの場所がわかると、

そこから手を入れたり簡単にできるので、

なるべくポケットの場所がわからなくなるように

上からパーカーや服を被せて、

ポケットの場所をわからないようにしています。

 

プロのスリに狙われやすい場所は、

旅行者が集まるところって決まっているんです。

 

空港からホテル間、バスターミナルなど、

荷物を持って移動するときは、

なるべくタクシーやUberなどを使って、

移動することが大事ですね。

 

2.宿泊先をきちんと選ぶ

事件・事故にあう危険性を少なくするために、

バックパッカー宿、共用部屋が多いホテルにはなるべく泊まらない。

なぜなら、安宿だとそれなりのレベルのお客さんが入ってくる可能性があったり、

受付がしっかりしていないため、知らない人が入ってきたりする

可能性があるからです。

 

私は、ホテルを選ぶときに毎回、

レビュー悪い点(0点や1点)をつけた理由はなぜなのかを確認しています。

過去に何かおかしなことや事件がホテルで起こっていないか確認するため、

ホテル予約サイトで予約するときは、必ず理由を確認します。

 

安かろう、悪かろうのホテルを選ばないように、

一番大事な命や安全を守るため、

少しでも安全な宿泊先を選ぶことをおすすめします。

 

3.高価なアイテムは隠す

スリや強盗は一目で、盗む相手を決めます。

彼らの獲物になるかどうか、見た目勝負です!

 

高価な時計、アクセサリー、靴、タブレットなどの電子機器は、

自分がお金をもっていると見せびらかしているようなものです。

 

きらびやかにしていることも、

場所を間違えれば、

命取りになってしまいます・・・。

 

日本よりも経済格差があって、

生活するために盗みをするような人もいるので

とにかく目立つようなおしゃれアイテムは

海外ではできるだけ避けたほうがいいです。

 

 

 基本的には、現時人を観察して着飾らない格好をすること。

むしろ海外だと、日本人や外国人だと「金持ち」だと思われることがあるので

現地人よりも控えめな身なり、アイテムで生活しています。

 

 たとえば、時計はシルバーよりもプラスチック素材のものにするとか↓

 

海外に行く前のホテル予約から事前に準備すること、

行ってからも日本より注意して過ごすことに気をつけるだけで

嫌な思いをせずに、安全な旅行や生活をすることができます。

 

ぜひ取り入れてみてくださいね。