Annieの冒険記

海外在住ブロガー。アジア・ヨーロッパ・アメリカ圏など12か国に滞在。日本と海外生活、語学など、気になることを徒然なるままに。

【スペイン語 試験】DELE B1 (2017年5月) 受験記④ 口頭表現編

【過去記事】受験期① 試験会場・受験者編

【過去記事】受験期② 時間割・リスニング編

【過去記事】受験期③    読解・文章題編

 

 

DELE B1の口頭表現のパートは、

準備時間と、本番の時間とに分かれていました。

各時間にわけて説明したいと思います。

 

<①準備時間>

試験に案内される前に、別室で試験官Aと、

設問1についてどのテーマについて話すかを決めました。

 

まず、部屋に入ると自己紹介をするように言われて、

試験官Aと雑談を約3分しました。

その後、試験官Aにテストの説明と、

ラミネート加工されたA4片面印刷1枚のシートを渡されました。

 

3分ほど時間を与えられて、

3枚あるシート(3種類の設問)の中からどの選択肢で話すかを決めました。

 

A:奨学金がもらえるのであれば、スペイン語圏の中でどこの国のものがいいか?

(希望する内容、期間、その理由も含む)

B:子供の携帯電話使用について

C:単語が難しく設問がよく理解できなかったため、途中で読むのをやめました。

 

 

→私は、経験談も含めて話しやすい

「①海外でのスペイン語研修について」を選択しました。

 

その後、15分間の準備時間

選択後、A4の白い紙と鉛筆・消しゴムを渡され、

1人で部屋に残り何をどの順番で話すかを考えました。

 

※他のコスタリカ国内でB1を受験した人にきいたところ、

シートの選択肢に同じものと違うものがあったため、

いくつかシートがあり試験官がランダムに出しているのではないか?

ということでした。

 

2017年7月の試験も同じ内容のものが出題されたそうなので、

使いまわしされている可能性が高いですね・・・

直近の受験者から話を聞けば、問題の傾向が分かるかもしれませんね。

 

 

<②本番>

その後、試験官CとDがいる部屋に案内されました。

試験官Cは、私の背後で発言の文法や内容をチェックして紙に記入する係、

試験官Dは、私の面接官となる人でした。

 

まず、準備時間に話す内容を事前に考えていた設問1については、

自分の考えを5分程、話しました。

その後、試験官D(面接官)は、

私の発言に対していくつかつっこんだ質問をしてきました。

 

f:id:annie-jpn:20170804071951j:plain

たとえば、今回の試験で

私は研修場所の希望としてメキシコを選んだので、

・メキシコには知り合いがいるか?

・その知人とはどのような関係か?

・研修の時間割はどのようなものがいいか?

・個別学習かグループ学習のどちらがいいか?

・研修時間外では、誰とどのようなことをしたいか?(その理由も含む)

 

上記のような質問を受けて、それぞれについて回答していきました。

テンポは早く、質問が次々にとんできて、どんどん会話が進んでいきました。

 

 

次回は、口頭試験の続編となる 設問2へ続きます。

annie-jpn.hatenablog.com