Annieの冒険記

海外生活1年目。アジア・ヨーロッパ・北米や中米など12か国に滞在。語学、海外ネタなど、気になることを徒然なるままに。

日本で国内留学?【格安】大学生はアパートよりも留学生寮を選ぶべき5つの理由

大学生の皆さん、一人暮らしのアパートよりも、

留学生と一緒に生活できる「留学生寮」や「国際学生会館」はお薦めですよ!

 

日本にいながら、留学生と一緒に生活する寮生活は、

まるで国内で留学しているような感覚です。

 

今日はユニークな体験ができる寮生活のご紹介と

なぜ留学生寮がいいのかをご紹介したいと思います。

 

 

 

●そもそも「留学生寮」「国際学生会館」とは・・・?

 

学生寮は、日本へ留学している海外出身の留学生が住んでいる寮のことです。

場所にもよりますが、県、市、大学が共同で運営しているものがあります。

 

規模、金額もその場所によって様々。

名前も●●留学生寮だったり、××国際学生会館など色々と種類があるようです。

 

 

たとえば、横浜市が運営する国際学生会館は、

横浜市国際学生会館」

家賃:2-3万円

入居資格:横浜市内の大学・短期大学の学部、大学院の修士・博士課程、専修学校の専門課程のいずれかに在籍していること(4月入学見込み者を含む)

住民の状況:28か国/地域、 105人(2015年10月1日現在) 

※留学生だけでなく、日本人学生もアシスタントとして住むことができます

【入居案内】横浜市国際学生会館

 

 

私も学生時代に住んでいた留学生寮、そのメリット5つをまとめてみました。

 

 

 

1)英語の練習ができる

留学生と一緒に生活すると、中には日本の生活が初めてで

生活で困っている学生がほとんどです。

 

学生寮に入っている日本人学生は「チューター」や「RA(アールエー、Resident Assistant)と呼ばれ、留学生のサポートを行う役割を担っています。

 

英語しかできない留学生の買い物を手伝ったり、

留学生の勉強や生活の相談にのったり、

フロアパーティーや寮全体のイベントを企画・運営するチャンスがあります。

 

英語を使うチャンスもあるので、生活に関わる英語のスキルを高めていけます。

 

 

2)海外の生活・文化を学べる

 

留学生と一緒に生活していると、留学生が感じたびっくりしたこと、悩み、笑い話、彼らの生活スタイルをシェアしてもらったり、自然に感じるようになります。

 

たとえば、

海外ではどんなご飯を食べるのか?

海外出身の留学生にとって、どんなことが当たり前なのか? といったことです。

 

同じフロアに住んでいたバングラディッシュの留学生は

スプーンを使わず、右手を使ってカレーを食べていました。

 

彼にとっては、その生活が当たり前で

私もどのように右手を使って食べるのかをきいて、

カレーの食べ方を英語で教えてもらいました。

 

このように、留学生寮は日本にいても、海外の生活や文化を知り、

新しい価値観に触れられる機会がたくさんあるんです。

 

 

3)日本文化と海外文化の違いを説明できるようになる

 

日本に来ている留学生は、私よりも日本の漫画やゲームに詳しかったり、

マニアックで個性的な人が多いです(笑)

 

そんな個性的な留学生たちに囲まれて生活していると、

日本のどういったところが海外では魅力的なのか?

逆に、日本の悪いところ、残念な部分は何か?を話したり、

考えたりすることがあります。

 

海外と比較したときの日本のいいところ、

悪いところを自然と議論したり、普段の生活でも考え始めるようになります。

 

 たとえばこんな感じ。

 

 

 

 

4)世界に友達ができる

 

卒業したり、留学生が帰国した後も、友達関係は続きます!

 

海外に旅行したり、出張したりした際には友達に会ったり、

時には無料で泊めてもらったり、観光ガイドとして付き添ってもらったり・・・

お得なことがたくさんあります!

 

 

5)日本を客観的に見れるようになる

 

学生寮を卒業した後も、

facebookでつながっている友達のポストを見たり、Skypeで連絡をとったり

時には久しぶりに再会することがあります。

 

その中で、海外での日本のイメージや、海外で報道されている日本の姿を

聞くことで、現在の日本の置かれている状況や、

将来について考えはじめるようになるでしょう。

  

 

 

興味を持った方は、

大学にある留学生や留学情報を取り扱っている「国際課」や

寮などの取り扱いをしている「学務課」のHPを見たり、

「(自分の大学名) 国際学生会館 or 留学生寮」と調べてみてください。

 

 

学校の指定があるので、応募の際に注意が必要ですが、

日本人学生の募集枠もあるので、ぜひチャレンジしてみてくださいね。

 

 

 

広告を非表示にする